信用取引のコツ!

買いのポイントを心得る

信用取引は少ない資金でより大きな金額を動かすことのできる取引方法です。したがって、その分大きな利益を生み出すこともありいますし、また逆に大きな損失を生んでしまうこともあるハイリスク・ハイリターンな取引方法です。しかしながら、そもそも株の取引というのはハイリスク・ハイリターンなものであって、信用取引が極端に危険な取引というわけではないことは覚えておくべきでしょう。どんな取引であろうと、ポイントをしっかり心得ておけば利益が上げられますし、また損失も最小限で済ませることが可能なのです。 信用取引の場合、現物株取引と違って短期的な取引方法だということを知っておくべきです。レバレッジ効果の得られる信用取引ですが、その分金利がかかり、信用取引で長期的に株を保有すればその分の金利を支払い続けるということになります。したがって、信用取引での買いのポイントは、より早急の利益の得られそうな株を中心に買うようにすればよいということです。「この株は持っておけばそのうち上がる」ではなく、「底を打った株だからすぐに上がるはずだ」というような買い方をするようにしましょう。

信用売りができるということ

信用取引では「売り」から取引を始めることができるということに大きな特徴があります。ふつう株取引というのは、安いうちに株を買っておいて、株価が上がったら売ることによって、その差額で儲ける方法です。こうした現物株取引というのは、まず株を買わなければ話が進みません。しかし信用取引では「売り」から取引を始めることができ、要するに、売った後で買い戻すことによって利益を上げることができるのです。 株式取引というのは、まず株価に左右をされるものです。株価が上昇すれば利益が上がり、下落すれば損失が生まれるというわかりやすい構図です。しかし信用取引の場合は、こうして「売り」から始めることができる特性を利用して、株価が下落した時にも利益を上げることができるようになっているのです。すなわち、株価が下がることを見越して株を借りてまずそれを売ってしまいます。その後実際株価が下がったら安い値段でその株を買い戻して返却すれば、そこに差額が生まれ、利益が発生するという仕組みです。こんな風に信用取引を利用することによって、株価が下落傾向の時にも利益を得られるようになるのです。