手軽に信用取引を

信用取引のイロハのイとは?

信用取引は予算内で購入する現物取引とは違ってレバレッジと呼ばれる倍率を上げた分の売買が可能で、現物取引とは違って最初から売りが出来ます。多くの証券会社ではレバレッジを3倍程度まで設定しており例えば50万の資金で150万の取引が可能になります。 種類として制度信用取引(証券会社が設定したルールで進める取引)と一般信用取引(自由なルール設定で投資家と証券会社の間で金利や期限を取り決める取引)があり、初心者の場合はレバレッジを1倍で始めた制度信用取引から行った方がリスク管理に慣れる事が出来ます。 信用取引の場合は売りでも買いでも何かを借りた状態であると理解し、利息や貸し株料を支払う義務が生じ売りでは株券・買いではお金を借りていると覚えておけば大丈夫です。 現物取引では出来ない売りからの取引は上げ相場では有利になりますので、上げ相場では現物取引では将来上がる見通しで長期間保有になりますが、信用売りで短期決戦を仕掛ける投資が出来ます。

注意点でメリット・デメリットを知る!

信用取引ではいつまでも持ち続ける事が出来ず、概ね6ヶ月程度で清算になります。中には一般信用取引で期限を区切らないタイプもありますので様々な証券会社のルールをチェックするとベストです。 追証と呼ばれる追加委託保証金では、信用取引の口座開設の際に委託保証金を差し入れ担保として扱われますが委託保証金率が損失を下回ったケースで追加の委託保証金を要求される事を指します。追証が発生するかどうかは終値で決定されますが、原則営業日約2日以内に追証が追加されなければ強制売買によって清算されます。 ほんの少しの損失で追証が発生では、取引として成り立ちませんので多めの委託保証金を入金しておく必要があります。委託保証金や追証は有価証券でも補填できますので、必ずしも現金だけではありません。 専門用語に逆日歩(ぎゃくひぼ)がありますが売り建てが過剰になると株が不足して借りている金利とは別にかかる費用になり、買いでは得をしますが売りでは土日を含めた日数計算になりかなりの負担になります。